ピアノ研究

ピアノデータ集 no.2

プレイエル ピアニーノ

PLEYEL pianino

創業者 イグナーツ・プレイエル Ignaz Pleyel
カミーユ・プレイエル Camille Pleyel
文献

特徴

☆小型。
☆装飾性に富む。
☆音は、柔らかく、おとなしい。
☆オーバーダンパー(ダンパーの位置が、ハンマーヘッドの位置より上にある。)
☆アクションの形式は、現代的なダブルアクション。
☆ソフトペダルを踏むと、グランドピアノのようにアクションが右にスライドして、ハンマーの弦をたたく位置が変わる仕組みになっている。(現代のアップライトピアノでは、このような仕組みにはなっていない。)

製造年

☆天蓋すぐ下のピン板上部に刻印された製造番号。(左図)
☆PIERCE PIANO ATLASによると1843年に#10000,1848年に#15000であるから、およそ1845~6年頃の製品と思われる。

状態

☆オリジナルの状態をとどめている。
☆バランスピン(左図)の形は現代のピアノとほぼ同じ。古いピアノではこのように錆びて、鍵盤の動きが悪くなることが多い。
☆響板にいくつかの割れがはいっている。(左下図)
☆駒の形状は現在のものとほぼ同じ。(左下図)
☆調律は長年していなかったので、かなり下がってしまっている。
☆チューニングピン(上右図)は、現代のものと同様、四角形。サイズは小さい。後の修理で錆止めの黒い塗料が塗られている。

歴史

☆1807 イグナーツ・プレイエル Ignaz Pleyel、ピアノの製造を始める。
☆1824 長男の カミーユ・プレイエル Camille Pleyelに仕事を引き継ぎ、Ignazは引退。
☆1831 Ignaz 没
☆ショパンの熱狂的な支持を得る。
☆1855 Camille 没。August Wolffが引継、"Pleyel,Wolff & Company"に改組。
☆1889 Wolffの采配により、年産2500台に。
☆1887 Wolff 没。Gustave Lyon が引継、"Pleyel, Lyon & Company"に。
Go to top

Ignaz Pleyelイグナス・プレイエル 創業者

☆1757 ウィーンの近くの Rupperstahlの村で、38人兄弟の24番目の子として生まれる。
☆音楽の才能は著しい進歩をとげ、15才のころ、エルデディー伯爵の援助でハイドンについて作曲を学ぶ。
☆その後イタリアに行き、ナポリの宮廷で王様の要求で、オペラや、たくさんのオーケストラ曲を作る。
☆1783 〜 1793 ストラスブルグの大聖堂のチャペルマスターになりる。
☆その間、たくさんの作品を書き、ヨーロッパ中でよく売れる。
☆1793 チャペルマスターの職を辞して、ロンドンでの有利な契約を得る。
☆ロンドンでは、旧師ハイドンと、コンサートで競争するようになったが、うまくいかず、すぐにストラスブルグにもどる。
☆フランス革命の時は、王制派と目され、繰り返し死刑を宣告された。勇敢に共和制への忠誠を主張した彼は、そのテストとして、革命劇のための作曲を強要された。二人の憲兵の監視の中、彼は7日で、作曲を終えた。その曲は多くの民衆の拍手喝采を受け、彼の共和制への忠誠は再び疑われることはなかった。
☆その後パリに移る。
☆1805 楽譜出版の仕事を始める。
☆1807 ピアノ製造を始める。
☆1824 仕事を長男の Camilleにゆずり、パリの郊外で1831年12月14日没す。

「歴史」へ戻る

Go to top

Camille Pleyel カミーユ・プレイエル

☆1792 Ignaz Pleyelの長男としてストラスブルグで生まれる。
☆父から音楽を学び、また後にピアノをDussekに学ぶ。
☆豊かな音楽的才能を示し、ピアノメーカー、楽譜出版者としての仕事が無ければ、偉大な作曲家になっていただろうといわれるくらいであった。
☆彼は有名なピアノの名人の Kalkbrenner と共同し、共に数年間ロンドンに渡り、Broadwood, Collard, Clementi などでピアノ制作を学んだ。
☆Wornumのアップライト・アクションと,また、グランドピアノには、Broadwoodの方式を採用。
☆ロンドンで始まった新しい生産様式を工場に取り入れ、成功を収める。
☆Camille, Kalkbrenner と経営者のどちらもが、高いレベルのピアニストだったため、著名な人たちと親交を持つようになる。Camilleは Frederic Shopin フレデリック・ショパンと個人的な親交を持ち、ショパンはPleyel pianoの熱狂的な支持者となる。彼はほとんどの演奏会でpleyelを使用した。
☆1829 にできた Salle Pleyel(サル・プレイエル)(プレイエル・ホール)では、ショパンや、アントン・ルビンシュタイン、サンサーンスなど、多くの著名な音楽家が成功を収めている。
☆1855 5月4日、パリで没。

「歴史」へ戻る

Go to top

文献

p.254 Alfred Dolge "Pianos and their Makers" Dover 1911
p.234 Pierce Piano Atlas
p.2734 音楽事典 平凡社

Go to top

1997.04.13 Megumi Imai

Go to top

目次へ

1997.04.03 Megumi Imai

     top

このホームページはリンクフリーです。どのページにリンクしてくださっても結構です。 

有限会社 ピアノ技研   〒651-1505 神戸市北区道場町日下部 729−1
電話 078-951-1719
E メールshop@pianogiken.com